桃とわんこ


コメントおまちしております
by sweet-buchan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
オススメのページ
最新のトラックバック
bezの花が満開!
from poziomkaとポーランド..
ひとバトン
from Natural tone
月日荘 (つきひそう)
from nagare
心地良さを感じる本たち
from Natural tone
連続三日間で
from 見晴らしの良い部屋
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:♪♪♪( 2 )


五嶋龍 ヴァイオリン・リサイタル 2006

6月末に五嶋龍のコンサートに行ってきました。
もう2ヶ月も前の話ですが、
でも未だにあの興奮は覚えています。

まさに今、演奏が始まるって時に、私の前の席に座っていたおばさんの携帯がけたたましく鳴ったり(演奏者側も集中を切らされたと思う)、演奏中にプログラムやらチラシ類をバサーと床に落とす音が響いたり(たぶん、携帯鳴らしたおばさんと同じ人)、楽章間に咳をする人も多く、イライラさせられることが多かったのだけど、それを忘れさせてくれるくらい、演奏はすんばらしかったです。パールマンよりずっと。

2階席の正面に座っていたのですが、音がびんびん伝わってきて、肌にも心臓にも響いてきました。いっぱい吸収しようと思って、無意識のうちに深呼吸を繰り返していました。

ピアニストのマイケル・ドゥセクさんとの息もぴったりで、2人で作品を作り上げてるんだなあと感じました。

また日本ツアーがあれば行きたいです!

-----
2006年6月29日(木) 19:00
愛知県立芸術劇場コンサートホール

 イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番
 リヒャルト・シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ
 ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第2番
 武満徹:悲歌
 ラヴェル:ツィガーヌ
[PR]

by sweet-buchan | 2006-08-13 00:33 | ♪♪♪

よっ!十八代目!

勘三郎襲名披露@御園座へ行ってきました。

あまりの人気ぶり、チケットの高騰っぷり(特等は5万円のプレミアがついたそうです…)に、一度は観覧を諦めかけましたが、ヤフオクで3等が1枚だけ出ていたので、買っちゃいました。

欲を言えば、本当は口上のある昼の部が良かったのですが、そっちでは競り負け、夜の部だけゲット。両方買えたら、一日中観てるつもりだった暇人です。

でも夜の部も良かったー
白波五人男だったのですが、
衣装も舞台も、役者も華やかで、これぞザ・歌舞伎といった感じでした。

初めての「おひとりさま」デビューとなったわけですが、行ってしまえばなんてことなし。行くまでは誰か一緒に笑ったり、幕間に食事をする相手がいないのは、究極に寂しい!と思っていましたが、平気平気。
これからも1枚しかチケット取れなくたって、ひとりでがんがん行ってしまおう!と思ったのでした。

それから、久しぶりに「出待ち」もしてしまいました。
高校の頃、学校帰りに歌舞伎を観に行っていたときは、よく友達と出待ちして、サインしてもらったり、一緒に写真撮ってもらったものでした… ねー。

母と行くと断固拒否されるので、近頃出待ちしたことなかったのですが、今日は久しぶりにミーハー魂がうずきました。

すると、運良く勘三郎さんと仁左衛門さんにサインしてもらうことが出来ましたよ。うほほーい☆
b0042482_1212214.jpg
十八代 かんざぶろう(←たぶん、ひらがな)と
b0042482_123362.jpg
仁左衛門→
筆ペンでさらさらと書いてくれました。
近くで見ても、かっこよかった。

カメラがあったら一緒に写真撮ってもらえたのですが、あいにくまるごしの状態だったので、残念。
10月上旬に買ったばかりのデジカメ、早速失くしてしまったんです。
奮発して、1Gのメモリまで買ったのに。まだ2回しか使ってないのに。説明書もろくに読んでませんのにー
携帯みたいに、呼んだらピロピロ鳴ってくれると居場所が分かって便利ですのにねぇ。出てくるの、待っています。あ、これも出待ち?!

ちなみに、
来年4月の陽春大歌舞伎は、松本幸四郎・市川染五郎親子の「勧進帳」だそうです。
今日のNHKでも団十郎と海老蔵親子でやっていましたね。

あー、それにしても今日は本当に良い一日でした。
スカーっとして、興奮して5歳くらい若返った気がします!
よっ!十八代目、サンキューっ!
[PR]

by sweet-buchan | 2005-10-24 01:53 | ♪♪♪